気とは何か?

簡単に言うなら「生命エネルギー」のことです。

生命エネルギーとは、文字通り、生命を成り立たせるエネルギーであり、これは元をたどれば「太陽」から得られるエネルギーとなります。

なぜでしょうか?

私たちは動物や魚、植物、果物などを食べて生きています。

動物や魚は植物や果物などを食べて生きています。

植物や果物は太陽の光を取り入れ、光合成をして生きています。

光合成をする際、二酸化炭素を酸素に変えます。

糖類などの有機化合物も作り出します。

私たちは光合成によって作り出した酸素や有機化合物を取り入れて生きています。

つまり、生命エネルギーは、元をたどれば「太陽エネルギー」となるわけです。

また、人間は食べる以外にも太陽エネルギーを利用して生きています。

たとえば、石炭や石油は、たどれば太陽エネルギーを蓄えた植物や微生物の死体が元になっています。

これらを燃やすことで太陽エネルギーを使って生活しています。

要するに、気=生命エネルギー=太陽エネルギーということです。

関連記事:

  1. 「先天の気」と「後天の気」
  2. ゆっくり着実に成長すること。風山漸(ふうさんぜん)。
  3. いい気と悪い気。
  4. 小周天と大周天
  5. 秘伝の気とは?