前回は、「先天の気」と「後天の気」について説明しました。

先天の気や後天の気は、いわば「物理的」な気と言えます。

これら物理的な気は、計測結果により、赤外線など、なんらか熱を持ったものではないかと言われています。

が、物理的な気ではどうしても解けない謎があります。

それが「情報的」な気です。

たとえば、「虫の知らせ」などがそうです。

なんらか、物理空間を取っ払って飛んでくる気です。

そのほか、「痛いの痛いの飛んでいけ!」とか、「宗教的な祈り」なども、物理的な気では説明がつきません。

実は、気には物理的なものと「情報的」なものがあるのです。

情報的なものが「秘伝の気」です。

この秘伝の気は、残念ながら、現代の科学では未だに証明できていません。

でも、実際に効果として「ある」のです。

そして、先天の気は減る一方、後天の気は取り入れられる量には限度があるのに対し、秘伝の気は「情報」ですから無限にあるとも言えます。

 

関連記事:

  1. 外気功と内気功について。
  2. 気功入門解説
  3. いい気と悪い気。
  4. 気=生命エネルギー=太陽エネルギー
  5. 気功と暗示の違い。