気功に取り組む上で重要な三要素があります。

調心・調息・調身です。

よく、気功というと、体操など、体を動かすことだと誤解されています。

体を動かすことは、気功のほんの一部です。

また、気功は「呼吸法ですか?」と言われることもありますが、呼吸法も気功の一部です。

気功に取り組む上で重要なのは、調心=心を整えること、調息=呼吸を整えること、調身=身を整えることの三つを統合して取り組んでいくことです。どれが欠けてもいけません。

HIRO気功教室でも、心(脳)の正しい使い方を学び、ワークの中では呼吸法や瞑想も取り入れ、体を動かすこともバランス良くやっていくことを目指しています。

それと、誤解があるのは、気功の調身では「動くこと」が大事だと捉えられがちなことです。

が、むしろ、動くこと=動功だけでなく、「動かないこと」=「静功」も重視していきます。

静功とは、座禅や瞑想などが代表的なものです。

以上、気功では調心・調息・調心の三要素を心がけることが重要です。

 

関連記事:

  1. 動功と静功
  2. 気功と暗示の違い。
  3. 気功と宗教の違い。
  4. なぜ、経営に『気』を取り入れるとうまくいくのか?
  5. 「先天の気」と「後天の気」