なぜ、経営に『気』を取り入れるとうまくいくのか?

理由は、会社の営みはすべて人間が行っているからである。

人間は気でできている以上、「気」によって経営は変わるわけだ。

たとえば、お客さん、従業員、取引先等、会社の営みには人が必ず関わってくる。

そして、会社というのは、ほぼ100%、トップである社長の「気」で変わる。

社長が「病気」であれば、会社の元「気」はなくなる。

「景気」も気。

社員の「気持ち」やお客さんの「気持ち」がわかるかどうかも社長は重要である。

「気合い」を入れるのも社長。

社員の「やる気」を引き出すのも社長。

「根気」強くブランドを作り続けるのも社長の役割である。

社長の「覇気」や「気迫」は、社内だけでなく社外にも伝わる。

新市場に飛び込む「勇気」も社長には必要である。

社内をいい「雰囲気」にするのも社長。

社長の「本気」は社内にも社外にも伝わる。

全ての活動の土台に「気」が関わっているのである。

いい気がたくさんあれば経営はうまくいく。

が、逆に社長が悪い気を出していたり、よい気でも少なかったりすれば、経営はうまくいかない。

「気」は会社経営する上で、もっとも重要といっても過言ではない。

では、その「気」の質をよくし、量を増やすにはどうしたらいいか?

それが「気功」である。

なんかとりとめのない文章になってしまったが、「気」の重要性が伝わればと思って書いたのでご勘弁を。

関連記事:

  1. 廃業の可能性を感じたキッカケの第1位は「気力」
  2. Q:気功は毎日続けたほうがいいですか?
  3. 11/29気功教室第1回を開催します
  4. 気功と暗示の違い。
  5. 気功と宗教の違い。