《廃業の可能性を感じたキッカケの第1位は「気力」》

http://www.chusho.meti.go.jp/…/h…/H26/h26/html/b3_3_3_2.html

廃業の可能性を感じる理由の第1位ってなんだと思いますか? 売上の減少? 利益の減少? 社員の謀反? 競合の存在? どれも違います。

実は、「気力がなくなった」などの、健康、体力が原因なのです。第1位の38.1%を占めます。続いて売上の減少が第2位の28.1%になります。 だからこそ、常々、多くの起業家に伝えてるのは、まずは「気」を高めていただきたいということです。

良い気が体中をめぐり、気力が充実してこれば、誤解を恐れずぶっちゃけちゃえば、なんだってうまくいきます。トラブルだって乗り越えられます。売上が下がろうが屁でもありません。

ちなみに、東洋医学的にいえば、冬というのは、気を蓄えておく時期です。ここではあまり無理をしてはいけない。春や夏にかけて、大きく活動するための気を蓄えておくことが賢明。 気の存在に気付き、それを経営に活かす経営者とそうでない経営者です。

この統計がなんらかの「気」づきにつながれば幸いと存じます。

b3_3_29

関連記事:

  1. Q:気功は毎日続けたほうがいいですか?
  2. 11/29気功教室第1回を開催します
  3. なぜ、経営に『気』を取り入れるとうまくいくのか?
  4. 願望実現に役立つ心理学理論
  5. 放下著(ほうげじゃく)で人生は好転する。