A:結論から言うと、続けたほうがいいです。

しかし、気をつけなければならないのは、そこに「義務感」が発生してはならないことです。

気功は義務感でやるものではありません。

楽しく、気持ちよくやるものです。

実際にやっていると体が軽くなったり気持ちよくなります。

義務感はいわば「執着」です。

執着はよくありません。

うーん、うーん、と眉間にしわを寄せては、余計によくない結果になってしまいます。

また、気功は「何かが得られる」と思ってやるものでもありません。

やっても効果が得られるかどうかはわかりません。

でも、とにかくやる。

そこに意味があるのです。

1日たった5分、いえ、1分でもよいです。

まずは、気持ちよく、楽しみながらやってみることです。

関連記事:

  1. 廃業の可能性を感じたキッカケの第1位は「気力」
  2. なぜ、気功を学ぼうと思ったのか?
  3. なぜ、経営に『気』を取り入れるとうまくいくのか?
  4. 11/29気功教室第1回を開催します
  5. 気功と暗示の違い。