気とは何か?

「あ〜気持ちいいなあ!」 「あの人は今日も元気だね!」 「なんか気分が悪いなあ・・・」 「あの人とは気が合う!」 「景気がいいね〜」 などなど。 わたしたち日本人はよく「気」という言葉を自然に使っています。 中医学、東洋医学では、この「気」をとても重要視しています。 「気」の不調が病気をもたらすと考えられており、「気」を整えれば健康で長生きできると言われています。 では、いったい「気」とはなんでしょうか? 気とは簡単に言うなら「生命エネルギー」ですが、ここではまず中医学、東洋医学の観点からもう少し詳しく説明してみます。

気・血・津液

中医学、東洋医学では、人体には気・血・津液の3つの要素が存在すると言われています。 それらが体内を絶えず巡ることで、生命や健康を維持しています。 気とは? 生命活動の根源となる目に見えない生命エネルギーをさします。 血とは? 各臓器や組織に栄養分を与える役割を担っています。 津液とは? 体液など、体内に存在する血液以外の水分をさします。 気血津液は単独で機能するのではなく、お互いに関わり合いながら機能しています。 中でも気は特に重要な概念の1つで、3つの要素の中では巡る範囲が最も広く、特定の組織内でなく全身を行き来しています。

「先天の気」と「後天の気」

中医学や東洋医学では、気は大きく分けて2つあると言われています。 それは「先天の気」と「後天の気」です。 先天の気は、腎に生まれつき持っている気のことです。 後天の気は、後天的に食べ物(水穀の気)や呼吸(清気)から得られる気のことです。 さらに、気功の世界には先天の気でも後天の気でもない「秘伝の気」という情報空間の気もあると言われています。

気の働きについて

気は働きの種類によって、4つに分類されます。 元気、宗気、営気、衛気の4つです。 元気(げんき)・・・人体の最も根本の気であり、生命活動の原動力である気です。 宗気(そうき)・・・呼吸や心臓の拍動に使われる気。成長や発育を促す推動作用を担っています。 営気(えいき)・・・血管内を流れ、血を生成して全身に栄養を補給する気。体温調節する温煦(おんく)・気化作用や、消化吸収などの化生作用や、血を血管外に漏出させないようにする統血作用を担っています。 衛気(えき)・・・血管内から血管外へと流れ、血管外をくまなく巡る気。外部から侵入する有害物質から守る防衛作用や、発汗や排尿を調整する固摂作用を担っています。

情報空間の気=秘伝の気

ここまで説明してきたのは、主に「物理空間」の気です。 実は、研究した結果、気には物理空間ともう一つ、情報空間の気も存在することがわかってきました。 なぜ情報空間の気があると言えるのか? 科学的に証明しろ!と言われると困るのですが、たとえば、人間は「なんとなく気が合う」とか「殺気を感じる」とか、もっというと離れた場所なのに「虫の知らせ」のようなものを感じたりすることがあります。 これがまさに「情報空間の気」なのです。物理空間では説明がつかない気なのです。 当社の中医気功コーチングでは、この「秘伝の気」も活用して願望実現を果たしていきます。 もちろん、自身の健康成就や願望実現だけであれば、物理空間の気だけでも十分に果たせます。 次は「気功とは何か?」についてに初心者でもわかりやすいよう解説します。