a0960_006788_m

願望実現、ハイパフォーマンスの実現には仏教用語や東洋哲学はおおいに使えます。

今回ご紹介するのは「前後際断(ぜんごさいだん)」です。

前後際断(ぜんごさいだん)

前後際断とは?

誤解を恐れず、わかりやすく言うなら、

「過去を気にするな!未来を憂うな!今に思いをはせろ!今を生きろ!」

ということです。

終わった過去を気にしてもしかたありません。変えられないのですから。

かといって、未来を思い煩いすぎて不安になるのもいけません。

まだその未来は来ていないのですから。

大事なのは「今」です。

今、この瞬間を一生懸命生きる。

そうすれば、ハイパフォーマンスの実現にもつながり、結果、良い未来もやってくるだろうと。

たとえば、ここにおもしろいエピソードがあります。

2015年、オーストリア開催のスノーボード世界選手権で、スロープスタイルの鬼塚雅選手が初優勝しました。

同選手権で男女を通じて史上最年少の16歳3カ月で頂点だそうです。

彼女は決勝で3本のすべりのうち、最初の1本目は失敗してしまったです。大事な場面にもかかわらず。

しかし、2本目を大成功させ、結果、優勝したのです。

興味深かったのはその後のインタビューでした。

「1本目の滑りの後、どんなことを考えましたか?」

「1本目のすべりはなかったことにして、 それで、次から立つように(成功するように)、 目をガン!!!と開いて、行きました(笑)。」

まさに前後際断。

厳しい状況ではなかなか簡単ではないかもしれません。が、意識するだけでも状況は変わってくるはずです。

ぜひ、願望実現、ハイパフォーマンスの実現のために取り入れていきましょう。