『仕事なんか生きがいにするな(泉谷閑示著・幻冬舎新書)』オススメ。

読書

「働かざる者食うべからず」という言葉は誰しも聞いたことがあるはず。

働かない者は価値が低いとさげすむ風潮にある。

逆に汗水流して働く者はえらい。しかも長時間働いたり、休みなく働く者はえらいと。

アリとキリギリスの童話では「一生懸命働くアリはえらく、サボっているキリギリスは愚者だ」と私たちは教えられてきた。

しかし、それは本当だろうか?

もしかしたら、権力者に都合のいい洗脳ではないだろうか?

働けど働けど、一向に「幸せ」を感じられない人は多い。

出世しても、高給取りになっても、成功者と呼ばれても、なぜか「生きる意味を感じられない」と悩む人も増えている。

実は「仕事を生きがいにしても幸せになれない」と本書では主張する。

ではどうすればいいのか?

ヒントは「遊ぶことだ」と著者は言う。どのようにして?

詳しくはぜひ本書を一読いただきたい。

個人的には、本書に登場するアウシュビッツ収容所の入場門に掲げられた「働けば自由になる(ARBIT MACHT FREI)」の標語が衝撃的だった。これは現代人にどのような意味をもたらすだろう?

現代社会の働き方に一石を投じる良書であることは間違いない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました