シガーフォーク買ってみた。

シガーフォーク 嗜好品

昨夜仲間内で好評だったのがコレ。

持参したシガーフォーク。

短くなった葉巻に刺せるので、根本まで味わえるスグレモノ。

シガーフォークは150年前に作られたらしい。

島地勝彦著書『お洒落極道~最終編~(小学館)』によると、シガーフォークはもともと貴族が個人個人で彫金師にわざわざ作らせたそうだ。

なぜ?

当時、ハバナシガーは大変貴重だった。船でハバナからロンドンまで運ばなければならなかったので。

なので、その高価な葉巻を根元まで味わいたいという想いから、シガーフォークは作られたそうだ。

確かに葉巻は根元に行くほど、渋みが増して、独特の味わいがある。爪楊枝とかではなく、シガーフォークで嗜もうとする姿勢が貴族らしくて粋にに感じる。

調べた限りではサロン・ド・シマジでしか買えない逸品。貴重だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました