『お金の減らし方(森博嗣著・SB新書)』オススメ。

ライフスタイル

豊かなミドルエイジを生きるための良書。

『お金の減らし方(森博嗣著、SB新書、2020年)』

よくお金の「増やし方」や「稼ぎ方」に関する本はある。

それだけ世の中のニーズがあるのだろう。

しかし、お金をそんなに稼いでどうするの?

そんなに貯めてどうするの?

どの道、お金はあの世まで持っていくことはできない。

だったら、しっかり人生を楽しむために、お金を減らしたらどうですか?

というのが本書の主張だ。

 

楽しむために稼ごうとしたお金。

にも関わらず、いつの間にか、「お金を稼ぐこと」が目的になる人は多い。

手段と目的が入れ替わっていないだろうか?

「いやあ、自分はしっかりお金使ってますよ!」

という人もいるだろう。

 

ところが、森博嗣さんは、「その使い方間違ってないか?」とも警鐘を鳴らす。

間違ったお金の減らし方の一つが、「他人に見せびらかすため」に使うということ。

他人にどう見られるか?を意識したお金の使い方は、本当のお金の使い方ではないと著者は説く。

ブランド物などはその典型だろう。

SNS映えを意識したお金の使い方もそう。

そういった「間違ったお金の使い方」についてのヒントも書かれているのが本書である。

 

そして、より良い「お金の減らし方」を知ることで、結果として、「本当の自分にたどり着く」というのも、本書に隠されたメッセージだ。

お金の増やし方や稼ぎ方に関する本は多い。

が、お金を増やそうと考える前に、まず本質の「自分に帰る」ことが先に重要ではないだろうか。

もっとわかりやすくいえば、自分が「本当に欲しい物(事)」を理解すること。お金を稼ぐ理由を知ること。

でなければ、「増やす」「稼ぐ」意味がわからなくなってしまい、力が湧いてこないだろう。

お金の減らし方を通じて、本質の自己に触れたい方にオススメの書。

コメント

タイトルとURLをコピーしました