『真っ向勝負のスローカーブ(星野伸之 著,新潮新書,2003)』読了。

読書

最近読んだ名著シリーズ。大変勉強になった。

『真っ向勝負のスローカーブ(星野伸之 著,新潮新書,2003)』

星野伸之さんといえば、MAX130キロ台しか出せないストレートと80キロ台のスローカーブ。

なぜこんな遅い球しか投げれないのに勝てるのか?

なんとプロ野球での成績は、176勝140敗。すごいのは奪三振数2041個!これは当時歴代16位。

豪速球を放るレジェンドピッチャーたちに並ぶ驚異的な偉業である。

速い球が投げれなくても勝つ。そこに「勝負師」として飛躍するヒントが隠されているのではと思い、読破。

期待を裏切らない見事な内容で感動。

こんなことまで考えてたのか!と驚き多数。

「勝つためには球種を増やさない」は、もう金言を超えて神言。

この記事を書いた人
作野裕樹

平凡なる投資家、経営コンサルタント、IT企業家。
株式会社レジェンドプロデュース代表取締役(2003年設立〜)。愛知県名古屋市出身。

作野裕樹をフォローする
読書
作野裕樹をフォローする
作野裕樹公式ブログ – Hiroki Sakuno Official Weblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました