『限りある時間の使い方(オリバーバークマン 著、かんき出版、2022)』読了。

読書

限りある時間の使い方(オリバーバークマン 著、かんき出版、2022)』を読んだ。

大変参考になった。

なぜ、人は忙しいのか?

なぜ、時間管理やスケジュール管理を学んで実行しても、一向に楽にならないのか?

なぜ、効率化ツールを使っても、効率化するどころか逆に時間がなくなると感じるのか?

それは、多くの人が「人間には無限の可能性がある!」と考えてしまうことにあるという。

効率化すればするほど、逆にまたやることがどんどん増えて、忙しくなってしまう。

そうではなく、「無限の可能性を諦めろ」と著者は説く。

そうすれば、結果として、自由になり、幸福度も増すと。

個人的には40代に入ると、特にこのことが身にしみる。

あれもこれもやってる場合ではない。やることを限定する。

そうすることで、逆に可能性が広がる。幸福度も増す。

情報化社会の真っ只中、選択肢がどんどん無限増殖する現代だからこそ重要な一冊。

この記事を書いた人
作野裕樹

平凡なる投資家、経営コンサルタント、IT企業家。
株式会社レジェンドプロデュース代表取締役(2003年設立〜)。愛知県名古屋市出身。

作野裕樹をフォローする
読書
作野裕樹をフォローする
作野裕樹公式ブログ – Hiroki Sakuno Official Weblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました