『ランダムウォーク行動ファイナンス理論のすべて (田渕直也 著、日本実業出版社、2005年)』読了。

読書

5年ぶりに再読。相変わらずの名著。

ランダムウォーク行動ファイナンス理論のすべて (田渕直也 著、日本実業出版社、2005年)』

特に第6章は必見。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」の孫子の言葉通り、ヘッジファンドや機関投資家など、マーケットの競合の手法を知ることは投資活動において大変重要。

本章は一通り彼らの手法が網羅されていて勉強になる。自身は典型的なリスクプレミアム投資家であるが、それに関する盲点や新たな投資視点に気づかせてくれるメリットも。

田渕直也氏の書は全作品を通じて学びが多い。

この記事を書いた人
作野裕樹

平凡なる投資家、経営コンサルタント、IT企業家。
株式会社レジェンドプロデュース代表取締役(2003年設立〜)。愛知県名古屋市出身。

作野裕樹をフォローする
読書
作野裕樹をフォローする
作野裕樹公式ブログ – Hiroki Sakuno Official Weblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました