『バフェットとソロス勝利の投資学(マークティアー 著、ダイヤモンド社、2005)』読了。

読書

バフェットとソロス勝利の投資学(マークティアー 著、ダイヤモンド社、2005)』を読み終えた。

勉強になった。

世界的に偉大なる投資家として名高いウォーレン・バフェットとジョージ・ソロス。

私にとってもウォーレン・バフェットは投資においてのヒーロー的存在。

一見、二人の投資戦略及び手法は全く異なるように思う。が、意外にも共通する点は多く、この共通点から投資で成果を出すために必須の重要事項が学べる。

本書はそれを23に絞って解説した名著。この23の習慣はどれも金言で、投資で成果を出したいなら絶対的に知っておかなければならない知識である。

しかも時が経っても色褪せない思考習慣なだけに、学んでおけば一生涯役立つ知の財産となる。

ただ難点は約350ページあり、タフな一冊であること。私の読み方が下手なのか、読むのに1ヶ月以上もかかってしまった。

読みやすいとは言い難い一冊。だが、それだけ時間がかけても深く味わうに値する一冊ともいえる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました