『投資家みたいに生きろ 将来の不安を打ち破る人生戦略(藤野英人著書/ダイヤモンド社)』読了。

『投資家みたいに生きろ(藤野英人著書/ダイヤモンド社)』を読みました。

先日投稿した『投資バカの思考法』に引き続き、藤野英人氏の著書です。

本書は、どちらかというと、投資というよりは「自己啓発」に近い内容です。

対象者の主は会社員になります。

どうしても会社員の方は、会社からお給料が定期的に振り込まれる性質のため、「投資家」として生きる実感が持ちにくくなります。

逆に、経営者や起業家だと、お金を使う=すべて「投資」として自然変換してしまいます。なので、彼らは「投資家みたいに生きろ」というのはナチュラルにできていると感じています。

しかしながら、会社員の多くはそうではありません。投資は何か非日常的活動のように感じてしまいます。むしろ、「遠ざけたい」「考えたくない」ぐらいに否定的に感じている可能性もあります。

ですが、投資とは特別なものではなく、むしろ「日常」的なものであり、それに改めて気づかせてくれる書です。

藤野英人氏の特徴でもあるのですが、「心」や「感情」面からも訴えかけてくるので、投資に縁がなかった人でも非常に読みやすいでしょう。

おさらいすると、会社員であり、今まで投資に縁がなかった人、投資初心者におススメしたい良書です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました