『バスキア展』観賞。

日記

『バスキア展(六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリー)』観賞。

一言で言うと、思考がブツ飛ぶ。正直なところ、ほとんどの絵が私ごときでは解読不能だった。

バスキアといえばZOZOの前澤さんが123億円で購入した絵が有名だ。

映画『バスキア』も観て、

さらに映画『バスキア10代最後の時』も観て、

万全の準備で足を運んだが、頭の中が大変なことになって会場を後にした。絵の数以上のすごい情報量だった。

ただ、「預言」的には感じ取れるね。警告とも。

そして、晩年の作品は何か孤独感も感じたりする。透明感とも。

今モーツァルトの交響曲第41番ジュピターを聴いていますが、そうではなくピアノ協奏曲の27番あたりを聴いているかのような感覚である。

何か「変革を起こしたい」「インスピレーションが欲しい」とお思いの方には是非ともオススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました