渋谷GMOデジタル美術館「バンクシー展」観賞。

日記

少し時間作れたので渋谷GMOデジタル美術館「バンクシー展」観賞。

展示作品は「風船と少女」「Bomb Love Over Radar」「花束を投げる暴徒」の3作品。

「Bomb Love Over Radar」は今回、世界初公開、初展示だそう。爆弾を笑顔で抱える少女。未だ戦争が絶えない現代社会において強いメッセージ性がある。

「花束を投げる暴徒」はイギリスのマンチェスター市立美術館で10年以上公開展示されてきての日本初公開。本作品は世界一点のみ。貴重。

「風船と少女」はオークション会場でシュレッダー断裁された衝撃のバンクシーの代表的作品。世界150点のうちの希少一枚。左下にバンクシーの直筆ハート入りサインもあり貴重。なんと額縁は限界まで再現。

また、鑑賞前に「デジタル画面」にてアートの事前説明も大変ありがたかった。通常の美術館では作品の予備知識が乏しいために深く理解できないことも多い。こういうシステムは作品理解の助けになる。

所要時間は20分ほど。気楽にふらっと立ち寄れるのもありがたい。しかも料金はたったの300円。場所は渋谷フクラス。

コメント

タイトルとURLをコピーしました