黒澤明

映画レビュー

映画『生きる(黒澤明監督1952)』観賞。

生きるとは何か? 仕事とは何か? 考えさせられる映画。 1952年作なのに古さを感じさせない不思議な映画。 黒澤明監督の偉大さ、そして、俳優志村喬の魅力がアリアリと伝わる映画。 後半の目の輝きが凄まじい。まさに...
タイトルとURLをコピーしました