読書

読書

『日本の神話(吉田敦彦 著、青士社、2002)』読了。

『日本の神話 (吉田敦彦 著、青士社、2002)』読了。 日本人の深層心理を深く理解したいと思い、本書を読んでみた。 日本神話について、わかりやすく解説している良書。 平易な文章で理解しやすい。
読書

『「やりがいのある仕事」という幻想(森博嗣 著、朝日新書、2013)』読了。

『「やりがいのある仕事」という幻想(森博嗣 著、朝日新書、2013)』読了。 働くことってそんなすごいことなの? 仕事ができる人ってそんなに偉いの? そんなことないでしょう、と。 仕事や働くことに人生の重点を...
読書

『親鸞と道元(五木寛之、立松和平 著、祥伝社新書、2018)』読了。

『親鸞と道元 (五木寛之 立松和平 著、祥伝社新書、2018)』を読んだ。 面白かった。勉強になった。 親鸞と道元というと、「対極」にある仏教思想と位置づけられている。一般的には。 親鸞は「他力」を軸とし、道元は「...
読書

『他人をコントロールせずにはいられない人(片田珠美 著、朝日新書、2021)』読了。

『他人をコントロールせずにはいられない人(片田珠美 著、朝日新書、2021)』を読んだ。 こりゃ勉強になった。 マニピュレーターをご存知だろうか? あなたの周りにもきっといるはず。 あなたを知らず識らずのうち...
読書

『「合戦」の日本史(本郷和人 著、中公新書ラクレ、2022)』読了。

『「合戦」の日本史(本郷和人 著、中公新書ラクレ、2022)』を読んだ。 なかなか面白かった。勉強になった。 歴史の中でも特に「合戦」などの「軍事」から経営や投資に活かせる学びは多い。 例えば、1つは「戦略」面。2...
読書

『地球にやさしい「本当のエコ」(苫米地英人 著、CYZO、2021)』読了。

『地球にやさしい「本当のエコ」(苫米地英人 著、CYZO、2021)』を読んだ。 大変勉強になった。電気自動車が実はエコではない、ということがよくわかる本。 電気自動車推進、ガソリン車ゼロの裏で利するのは誰か?どこか?は...
読書

『SDGsの大嘘 (池田清彦 著、宝島社新書、2022)』読了。

『SDGsの大嘘 (池田清彦 著、宝島社新書、2022)』を読んだ。勉強になった。 多くの人に知ってほしい事実。 SDGsは意味なしどころか、逆に危険性のあるスローガンであることに気づける内容。 SDGsがなんとな...
読書

『ラストエンペラー習近平(エドワードルトワック 著、奥山真司 訳、2021)』読了。

『ラストエンペラー習近平(エドワードルトワック 著、奥山真司 訳、2021)』を読んだ。 大変勉強になった。ルトワック氏の著書は相変わらず面白い。マクロ経済動向を知る上で欠かせない存在。 今回の著書では現在の中国、特に習...
読書

『日本人の99%が知らない戦後洗脳史 【新装版】(苫米地英人 著、ヒカルランド、2022)』読了。

『日本人の99%が知らない戦後洗脳史 【新装版】(苫米地英人 著、ヒカルランド、2022)』読了。 大変勉強になった。知らないこと多数。無知恐るべし。 戦後、財閥は解体された?というのが常識だが、実際は解体されていなかっ...
読書

『歴史を知る楽しみ(家近良樹 著、ちくまプリマー新書、2018)』読了。

『歴史を知る楽しみ(家近良樹 著、ちくまプリマー新書、2018)』を読んだ。 歴史ってなんで勉強するの? 歴史の勉強って意味あるの? 歴史学習って楽しいの? それらについて、わかりやすく語ってくれる歴史学習入...
読書

『生き物が老いるということ (稲垣栄洋 著、中公新書ラクレ、2022)』読了。

『生き物が老いるということ(稲垣栄洋 著、中公新書ラクレ、2022)』を読んだ。 稲垣栄洋さんがまたも素晴らしい本を世に出してくれた。 「老い」をポジティブに捉えられるようになる名本。 「私たちが獲得した「老後の時代」...
読書

『第三次世界大戦はもう始まっている(エマニュエルトッド 著、文春新書、2022)』読了。

『第三次世界大戦はもう始まっている(エマニュエルトッド 著、文春新書、2022)』を読んだ。 投資や経営において、成果を出し続けるためには「マクロ経済」の動向は知っておく必要がある。 マクロ経済を知る上で、フランス歴史学...
読書

『バフェットとソロス勝利の投資学(マークティアー 著、ダイヤモンド社、2005)』読了。

『バフェットとソロス勝利の投資学(マークティアー 著、ダイヤモンド社、2005)』を読み終えた。 勉強になった。 世界的に偉大なる投資家として名高いウォーレン・バフェットとジョージ・ソロス。 私にとってもウォーレン...
読書

『日本史真髄 (井沢元彦 著、小学館新書、2018年)』読了。

『日本史真髄 (井沢元彦 著、小学館新書、2018年)』を読んだ。 勉強になった。相変わらずの井沢節が炸裂していて面白い。 井沢元彦氏の日本史本の面白いのは、単なる歴史事実を論じるのではなく、事実の裏にある「人間心理」や...
読書

『競争しない戦略(稲垣栄洋 著、扶桑社新書、2022)』読了。

『競争しない戦略(稲垣栄洋 著、扶桑社新書、2022)』を読んだ。 これは名著。雑草研究第一人者、稲垣栄洋氏による「雑草」から学ぶ弱者生き残り論。 弱者は競争してはならない。「踏まれても立ち上がらない」「小ささで勝負する...
読書

『限りある時間の使い方(オリバーバークマン 著、かんき出版、2022)』読了。

『限りある時間の使い方(オリバーバークマン 著、かんき出版、2022)』を読んだ。 大変参考になった。 なぜ、人は忙しいのか? なぜ、時間管理やスケジュール管理を学んで実行しても、一向に楽にならないのか? な...
読書

『勝負論 (井出洋介 著、PHP、2003)』読了。

『勝負論 (井出洋介 著、PHP、2003)』を読んだ。勉強になった。 麻雀は全然強くならん自分だが、投資活動には活かせそう。 特に「守り重視」の意識は改めて勉強になる。麻雀もそうだが、投資や経営も強い人ほど「守り」が上...
読書

『すべては「好き嫌い」から始まる(楠木建 著、文藝春秋、2019)』読了。

『すべては「好き嫌い」から始まる(楠木建 著、文藝春秋、2019)』読了。 面白かった。努力できない、がんばれない自分にはとてもしっくりする本。 本書は「好き嫌い族」と「良し悪し族」に分けて、さまざまな物事の価値観につい...
タイトルとURLをコピーしました